本文ここから
お知らせ2016/03/14

本人認証サービス「J/Secure」「VISA認証サービス」パスワード入力画面のサーバ証明書の「SHA-2」方式への移行について

SSL通信を行うページのセキュリティを強化するため、2016年4月12日(火)以降順次サーバ証明書を従来の「SHA-1」から「SHA-2」方式へ変更いたします。
本対応に伴いまして、「SHA-2」方式に対応していない利用環境からは、該当ページが閲覧できなくなりますので、ご注意ください。
利用環境が、「SHA-2」方式に対応していない場合は、ブラウザのバージョンアップを行うか、「SHA-2」方式に対応している端末からご利用ください。

●「SHA-2」方式について
「SHA-2」とは、インターネットを安全に利用するために、通信を暗号化させる方式のサーバ証明書の種類です。高度な暗号化方式を採用しているので、安全性が向上します。

●利用できなくなる主な環境
OS:WindowsXP SP2 以前のOS
ブラウザ:Internet Explorer 6.0 SP2 以下の環境

  • ※「SHA-2」方式への機器毎の対応状況やバージョンアップ方法についての詳細情報は、製品メーカーにお問い合わせください。
  • ※「SHA-2」に対応していない環境から、SHA-2方式の証明書が適用されているページを表示しようとすると、「SSLエラー」となり「Internet Explorerでは、ページを表示できません」などのメッセージが表示されます。(表示内容は、ご利用の環境によって異なります。)

●対象ページ
本人認証サービス「J/Secure」「VISA認証サービス」パスワード入力画面

●ご利用環境が「SHA-2」対応されているかを確認する方法
シマンテック社が提供している下のページにてお客様のご利用環境が「SHA-2」方式に対応しているかを確認できます。
ブラウザ用 SHA-2対応確認用テストページ

対象のお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。